FC2ブログ

情報処理技術者試験の過去問題を解く

基本情報技術者試験の午前の過去問題を1日1問のペースで解いていきます。 一緒に勉強しましょう。

平成31年春期 基本情報技術者 午前 問36

CAPTCHAの目的はどれか。

 ア  Webサイトなどにおいて、コンピュータではなく人間がアクセスしていることを確認する。
 イ  公開鍵暗号と共通鍵暗号を組み合わせて、メッセージを効率よく暗号化する。
 ウ  通信回線を流れるパケットをキャプチャして、パケットの内容の表示や解析、集計を行う。
 エ  電子政府推奨暗号の安全性を評価し、暗号技術の適切な実装法、運用法を調査、検討する。

Udemy
キーワード
  • CAPTCHA(Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apart)
    利用者がコンピュータではなく人間であることを確認するための技術のことです。
    もっとも一般的なCAPTCHAは、ゆがんだ画像に記されている文字や数字を読み取ることができるかどうかで人間かコンピュータかを判別します。
もっと、「CAPTCHA」について調べてみよう。

平成31年春期基本情報技術者 問36答え

ログインで使われるCAPTCHAについての問題です。
最近の不正アクセスはソフトウェアを使って行われるので、CAPTCHAを使うことで不正アクセスを防ぐことができます。
キーワードのゆがんだ文字以外にも、画像から特定のものを選択する方法もあります。



LEC東京リーガルマインド

不正アクセスを防ぐ方法として二段階認証が使われることもありますが、そこまでいなくてもというときに使われるのがCAPTCHAです。
お金が絡むと二段階認証、絡まない時がCAPTCHAでしょうか…。


2020年の春期試験を目指す人は参考書や問題集を用意して勉強しましょう。

テーマ:情報処理技術者試験 - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する