情報処理技術者試験の過去問題を解く

基本情報技術者試験の午前の過去問題を1日1問のペースで解いていきます。 一緒に勉強しましょう。

平成28年春期 基本情報技術者 午前 問69

図に示すマトリックスを用いたポートフォリオマネジメントによって、事業計画や競争優位性の分析を行う目的はどれか。

 ア  目標として設定したプロモーション効果を測定するために、自ら置かれた立場を評価する。
 イ  目標を設定し、資源配分の優先順位を設定するための基礎として、自らの置かれた立場を評価する。
 ウ  目標を設定し、製品の品質を高めることによって、市場での優位性を維持する方策を評価する。
 エ  目標を設定するために、季節変動要因や地位的広がりを加味することによって、市場の変化を評価する。

賃貸
キーワード
  • プロダクトポートフォリオマネジメント(Product Portfolio Management)
    戦略的観点から経営資源の配分が最も効率的・効果的となる製品・事業相互の組み合わせを決定するための経営分析・管理手法です。
    自社の事業や製品を外部要素(市場成長率)と内部要素(市場シェア)で評価し、対応策を決定する。
もっと、「プロダクトポートフォリオマネジメント」について調べてみよう。

平成28年秋春期基本情報技術者 問69答え

事業戦略を立てるときに行うプロダクトポートフォリオマネジメントについての問題です。
格言にもありますが‘己を知る”ことは重要で、これをきちんと行わないと適切な計画ができません。
自分を過剰に甘く見たり、悲観的に判断するのは、決して良くありません。

【“平成28年春期 基本情報技術者 午前 問69”の続きを読む】

テーマ:情報処理技術者試験 - ジャンル:コンピュータ

平成28年春期 基本情報技術者 午前 問68

企業経営で用いられるベンチマーキングを説明したものはどれか。

 ア  企業全体の経営資源の配分を有効かつ総合的に計画して管理し、経営の効率向上を図ることである。
 イ  競合相手又は先進企業と比較して、自社の製品、サービス、オペレーションなどを定性的・定量的に把握することである。
 ウ  顧客視点から業務のプロセスを再設計し、情報技術を十分に活用して、企業の体質や構造を抜本的に変革することである。
 エ  利益をもたらすことのできる、他社より優越した自社独自のスキルや技術に経営資源を集中することである。

賃貸
キーワード
  • ベンチマーキング(benchmarking)
    自社のビジネスプロセスを分析・把握し、成功している他社のベストプラクティス(優れた事例)と比較して、ギャップ(差)を洗い出し、これを抜本的に改善・改革することです。
もっと、「ベンチマーキング」について調べてみよう。

平成28年秋春期基本情報技術者 問68答え

優れた競争相手と比較するベンチマーキングについての問題です。
皆さんもライバルと考える相手と自分を比較したときがあると思いますが、競争社会ではごく自然なことです。
特にトップ企業と自社の差を定量的に把握することは、目標が明確になるため有効です。

【“平成28年春期 基本情報技術者 午前 問68”の続きを読む】

テーマ:情報処理技術者試験 - ジャンル:コンピュータ

平成28年春期 基本情報技術者 午前 問67

SWOT分析を説明したものはどれか。

 ア  企業のビジョンと戦略を実現するために、財務、顧客、業務プロセス、学習と成長という四つの視点から検討し、アクションプランにまで具体化する。
 イ  企業を、内部環境と外部環境の観点から、強み、弱み、機会、脅威という四つの視点で評価し、企業を取り巻く環境を認識する。
 ウ  事業を、分散型、特化型、手詰まり型、規模型という四つのタイプで評価し、自社の事業戦略策定に役立てる。
 エ  製品を、導入期、成長期、成熟期、衰退期という四つの段階に分類し、企業にとって最適な戦略策定に活用する。

賃貸
キーワード
  • SWOT分析
    目標達成のための意思決定において、強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)の評価を行うことです。
    • 強み(Strengths)
      目標達成に貢献する内部(組織、個人)の特質
    • 弱み(Weaknesses)
      目標達成の障害となる内部の特質
    • 機会(Opportunities)
      目標達成に貢献する外部(競合他社、景気)の特質
    • 脅威(Threats)
      目標達成の障害となる外部の特質
もっと、「SWOT分析」について調べてみよう。

平成28年秋春期基本情報技術者 問67答え

経営分析などで使用されるSWOT分析についての問題です。
SWOT分析は分析する項目が4つと少ないため、割と容易に使える分析法です。
経営に限らず、自分について自己分析するときなどにも使えます。

【“平成28年春期 基本情報技術者 午前 問67”の続きを読む】

テーマ:情報処理技術者試験 - ジャンル:コンピュータ

FC2Ad